モンタンベール登山鉄道(Montenvers Railway)&グランド・ジョラス(Grandes Jorass)

朝食

レリオピックホテルの朝食

8日間、同じような朝食ですが面白いゆで卵器がありました。
籠に卵を入れ好きな時間までお湯の中に入れて茹でます。
半熟にして食べました。

ドーム・ド・グテ

ドーム・ド・グテ(dome du gouter)

ホテルの部屋から見えるモンブランによく似たドーム・ド・グテ(4,304m)
よく間違われるそうです。

モンタンヴェール登山鉄道

モンタンベール登山鉄道(Montenvers Railway)

ホテルより徒歩で登山駅まで来ました。
ここからモンタンベール展望台(1,913m)まで登っていきます。
ロープウェイに乗り換えて到着。

グランドジョラス

グランド・ジョラス(Grandes Jorass)

アルプス山脈モンブラン山塊にある山でフランスとイタリアの国境に位置します。標高4,208m。
お天気が良くスイス旅行を締めくくるのに最高でした。

昼食

シャモニー街歩き

山を下りてシャモニーの街をぶらぶら。
美味しそうなガレットを見つけてここで昼食。
かなりのボリュームでお腹いっぱい。

目まぐるしく変わるお天気で見えたり見えなかったりと一喜一憂の10日間のスイス。
良いツアーの方達と添乗員に恵まれて楽しい旅が出来ました(*^ー^)♪

スポンサーサイト

モンブラン(Mont Blanc)&シャモニー(Chamonix)

マッターホルン

マッターホルン1

いよいよモンブラン観光&アルプス国境越えとゴンドラ空中散歩です。
その前にツェルマットのホテルで添乗員がいまマッターホルンが見えていると・・・。
急いで外のでると建物の間から朝焼けのマッターホルンが見えました。
写真ではどこに?と言う感じでよく見えませんが・・・。
もっとよく見るために部屋に戻ると朝焼けではなく白く輝くマッターホルンが♪
前日見られなかったので満足。
でもハイキングしながら見たかったです。

昼食

昼食

モンブラン観光のゴンドラに乗る前に昼食をいただきました。

回転ロープウェイ

回転ロープウェイ1

回転ロープウェイ2

ポンタル・ダントレーブ(Pontal d’Entreves)

ポンタル・ダントレーブは標高1,300m。
ここから回転ロープウェイに乗りエルブロンネル展望台(Punta Helbronner)3,462mへ。
回転ロープウェイは360度回転するので景色を堪能。
この日は最高に良いお天気に恵まれました。

遊歩道

エルブロンネル展望台(Punta Helbronner)

回転ロープウェイを降りるとそこは広い展望台。
モンブランがよく見える遊歩道があり絶好の写真スポットです。
今までのお天気の悪さを忘れさせてくれました。

エギーユ・デュ・ミディ展望台

モンブラン

モンブラン1

エギーユ・デュ・ミディ展望台(Aiguille du Midi)

エギーユ・デュ・ミディ展望台は3,842m。
よくこんな高いところに作ったものと驚きながら一歩一歩滑らないように外へ。
あたり一面白銀の世界、綺麗です(*^ー^*)
酸素の薄いのも忘れてあちこち写真を撮りに動き回りました。

3連ゴンドラ

モンブラン2

モンブラン3

3連ゴンドラ

さらに3連ゴンドラに乗り国境を越えてフランス側へ段々下っていきます。
クレパスも登山者も見えます。

ゴンドラ

ゴンドラ1

ロープウェイ

シャモニーに降りるロープウェイに乗ります。
ロープウェイ駅に着きました。

レリオピックホテル スイート&スパ シャモニー

夕食

夕食1

レリオピックホテル スイート&スパシャモニー (Hotel L'Heliopic Sweet and Spa)

シャモニーのホテルに着きました。
暑いぐらいの良いお天気「終わりよければすべてよし」。
でも心の中ではずっとお天気が良かったらと・・・。
夕食はホテルでいただきました。
今までソフトドリンクばかりでしたがここでは白ワインをいただきました。

ゴルナグラート(Gornergratbahn)&ツェルマット(Zermatt)

ケーブルカー

スネガ

スネガ1

ケーブルカー山頂駅スネガ

朝焼けのマッターホルンを見るためケーブルカー山頂駅スネガに到着。
着くとそこはあたり一面銀世界、8月なのに・・・。
何センチ積もっているのでしょうか。
お天気が良ければこのように見えるとか(ノ_・)
がっかりしましたが明朝奇跡が(●Д●)

ゴルナーグラート鉄道

ゴルナーグラート鉄道1

ゴルナーグラート鉄道

ゴルナーグラート鉄道に乗って終点まで行くのですが雪のため途中駅でストップ。
近くのホテルでお茶の休憩。
しばらくするとゴルナーグラートまで行かれると言うことで再び乗車。
着いても何も見えずお土産などを買っただけ。
途中駅ローテンボーデン駅からのハイキングは中止。
そのままツェルマットまで戻りました。

昼食

昼食

ツェルマット2日目の午後はフリータイムなので美味しそうなお店を見つけ昼食。
海老のお料理で名前は忘れましたがお値段は28スイスフラン(約¥3,300)
スイスですから物価は高いですね。

リンツ

リンツ(Lindt)

お土産は1845年創業のチョコレートブランド「リンツ」で購入。
大好きなのであれこれ迷いながら買いました。

夕食

夕食1

夕食

ホテルでスイスフォンデュをいただきました。
ワインが多めですが美味しくて食べ過ぎました。

ベルン(Berner)&ツェルマット(Zermatt)

ベルン遠景

ベルン市内観光

スイスの首都ベルンの市内観光に出かけます。
この日も雨模様ですが山ではないのでまあ良いかなと強がり(ノ_・。)
バラ公園からベルン市内を一望。
ベルン大聖堂とアーレ川がよく見えます。

バラ公園

バラ公園 (Rose Park)

綺麗な薔薇に癒やされて・・・。

熊公園

熊公園(Bären Park)

2009年10月にアーレ川沿いの土手に広々とした公園が作られ
敷地面積6000m2の熊公園がオープン。
以前は餌をあげられましたが今は禁止だそう。

大聖堂

ベルン大聖堂(Berner Muenster)

アーレ川の近くに建つ後期ゴシック様式の大聖堂。
1893年に完成した高さ100mの大尖塔はスイス最大のもの。
ステンドグラスが美しい教会ですが内部は撮影禁止で少し残念。

時計塔

時計塔1

時計塔(Zytgrogge)

旧市街で最初に作られた西門にある時計塔。
1220年頃から町がさらに西に拡大しため、西門は町の防壁の
一部としての機能を失って最初は牢獄として使用されました。
1405年の大火のあとに時計塔になりました。
時計の下にある天文時計と毎時(数分前から)動き出す仕掛け人形が有名。

アインシュタインハウス

アインシュタイン・ハウス(Einstein-Haus)

1903年から1905年までの3年間、アインシュタインが家族とともに
過ごした建物で今は記念館になっています。
一家が使っていた家具が当時の状態のまま再現されていて
研究資料や手記も展示されています。
時間がないので入りませんでした。

昼食

ベルン市内観光が終了。
昼食は魚料理をいただきました。

カートレイン

カートレイン1

カートレイン(MOTORAIL)

カンデルシュテークからゴッペンシュタイン間はバスを乗せて運ぶカートレインを利用します。
初めて乗るのでどう乗るか興味津々。
雨は本降りですが気にせずミシャベルアルプスが見えることだけ祈って・・・。
降りる車はバスが乗るのが珍しいのかこちらを興味津々で見ていました〈笑)

ロープウェイ

ハンニック展望台(Hannig)

ミシャベルアルプス観光の麓の村サース・フェーに着きました。
少し小降りになりましたがロープウェイで登ったハンニック展望台は霧の中。
そのままロープウェイで降りました。

サース・フェー

ミシャベルアルプス

ミシャベルアルプス1

ミシャベルアルプス2

サース・フェー 街並み&ミシャベルアルプス

スイス第2の高峰ドムを中心にミシャベルアルプス4000m級の山脈に囲まれた谷間のリゾート地。
時間があるので少し街並みを散策していると少しずつお天気が回復。
写真ではイマイチはっきりしない山並みですが綺麗に見えて散策した甲斐がありました。

テーシュ駅

テーシュ駅(Tasch)

ここから電車に乗りツェルマットに行きます。

ツェルマット

ホテル シュバイツァーホフ

夕食

ホテル シュバイツァーホフ ツェルマット(Hotel Schweizerhof Zermatt)

ツェルマットに到着。
夕食はホテルでいただきました。
ツアーの方々とミシャベルアルプスが見えたことに感謝して乾杯しました。

ユングフラウヨッホ(Jungfraujoch)

グリンデルワルト駅

グリンデルワルト駅(Grindelwald)

グリンデルワルト駅から登山電車でユングフラウヨッホへ。

ユングフラウヨッホ

ユングフラウヨッホ(Jungfraujoch)

途中の停車駅では見えていた氷河ですが
スフィンクス展望台(3,571m)ではあたり一面真っ白で風も強く外に行くのを断念。
ここは十数年前に行ったとき「ここ10年で一番良いお天気」と言われたところなので
それを思い出して・・・。

アイスパレス

アイスパレス

アレッチ氷河の下約30mのところに掘って作られた氷の宮殿。
ヨーロッパ最高地点の鉄道駅、ユングフラウヨッホのアトラクションです。
常にマイナス2度の室温を保っていて宮殿内はすべて氷で出来ていて
滑りやすいので注意しながら見学。

アイガーグレッチャー駅

ハイキング

ハイキング1

ハイキング2

ハイキング3

ハイキング

アイガーグレッチャー駅で途中下車、ここからクライネシャイデック駅まで
約1時間30分のハイキングを楽しみます。
高山植物や牛などを見ながらのハイキング。
滑りやすそうなところもあり気をつけて歩きました。

クライネシャイデック駅

昼食

クライネシャイデック駅(Kleine Scheidegg)

心地よい疲れで到着。
昼食はボリューム満点、お腹が空いていたので完食。

エーデルワイス

エーデルワイス(Edelweiß)

慌てて撮ったのでピンぼけ。
山では見られませんでしたがホテルに戻る途中発見。
ちょっと幸せ(*^-^*)

Pagination

Utility

プロフィール

みやび

Author:みやび
旅が大好きで好奇心旺盛です。
旅に出かけるとさまざまな感動に出会えます。
今まで行った旅の思い出を綴ってみようと思いこの ブログをはじめました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

最新トラックバック