パムッカレ

パムッカレ

パムッカレはトルコ西部にあるユネスコの世界遺産。
トルコ語で「綿の宮殿」という意味。
弱酸性の雨水が台地を作っている石灰岩中に浸透して
炭酸カルシウムを溶かした地下水になり、その地下水が
地熱で温められて地表に湧き出て温泉となっています。
はだしになって滑らないように慎重に足を入れると
心地よい温度の温泉。
白とブルーのパムッカレは日本の千枚田を思い出しました。
スポンサーサイト

トロイの木馬

トロイの木馬

トロイの古代遺跡にある「トロイの木馬」
1998年に世界遺産に登録。
1975年に復元された木馬で3階建て。
かなり急な階段を上がって中へ。
思いのほか広く、窓からの眺めも楽しめました。

熱気球

熱気球

もう一つのお目当てはカッパドキア上空を
飛行する熱気球。
12名乗りのバルーンで地上からは分からない細かなところも
見られて大満足。
ホテルで朝食を頂いているときにベランダから数え切れない
バルーンをパチリ。

洞窟ホテル

洞窟ホテル

カッパドキアにある洞窟ホテル。
カッパドキアに滞在するなら洞窟ホテルに泊まりたかったので
ちょっとワクワク(*^-^*)
洞窟なので一つとして同じお部屋はありません。
狭いのか広いのか?
凄く広くてダブルベット、シングルベット、ジャクジー等々、
他のお部屋を見せていただきましたが
私たちのお部屋が一番広かった。

ブルーモスク

ブルーモスク

ブルーモスク(スルタンアフメット・ジャミィ)は
イスタンブールの旧市街にあり世界遺産に登録されています。
ジャミィとはトルコ語でモスク(イスラム教の寺院)のことで
14代スルタンのアフメット1世の時に出来ました。
ブルーモスクの一番の特徴は6本のミナレット(尖塔)。
世界の数あるモスクの中でもミナレットが6本もあるのは
ここブルーモスクだけだそう!
旧市街にあるホテルから夕食時、撮ったのですが
ガイドによるとここからのブルーモスクが一番綺麗だとか。

Pagination

Utility

プロフィール

みやび

Author:みやび
旅が大好きで好奇心旺盛です。
旅に出かけるとさまざまな感動に出会えます。
今まで行った旅の思い出を綴ってみようと思いこの ブログをはじめました。

カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

最新トラックバック