スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道の駅アルプス安曇野ほりがねの里

道の駅

道の駅アルプス安曇野ほりがねの里

お土産3

今年最後のスイカとかで特大サイズ。
15㎏はあったような、とにかく重たかった。
カボチャはお友達が下さいました。
5ヶもいただいたのでいろいろ工夫して食べていますがなかなかなくなりません。

お土産4

どれも量が多くお安いです。
全部で約¥7,000ぐらい。

暑い東京を離れて涼しい扉温泉・安曇野でリフレッシュ出来た4日間でした。(*^-^*)
スポンサーサイト

安曇野

安曇野

安曇野

扉温泉から安曇野へ。
途中、開智学校に立ち寄ってからお友達が住んでいる穂高へ。
登山が好きで東京から移住されていています。

放置している土地の様子を折にふれ教えて下さっているので本当にありがたいです。

松本に出てお城やなわて通りをぶらぶらしようと思ったのですが
雨が降りそうなので安曇野をドライブしました。

安曇野ワイナリー

お土産

安曇野ワイナリー

明神館で買ったサングリアに入れるワインを買いに安曇野ワイナリーへ。
栗とぶどうはパン作りに凝っている娘がパンに入れるために買いました。

スイート

スイート1

ランチ

ランチは美味しいというベーカリー「スイート」へ。
なわて通りにもお店があります。
コーヒー、麦茶は無料で何杯もいただけます。

朝食・ラウンジ・お土産

朝食2

朝食3

朝食

朝食

夕食と同じレストランで場所を変えていただきました。
こだわりのお豆腐、納豆など派手さはありませんが
どれも美味しくて満足しました。

ラウンジ

ラウンジ

チェックアウトしてからラウンジでお茶を。
ロス、ニューヨークで買ってきたお気に入りのハーブティが置いてありました。
アメリカでは欠品していたお茶がありましたので即、このお茶をオーダー。
いつかアメリカ方面に行った時、絶対見つけて買ってこようと思っています。(笑)

お土産2

お土産

左から女将が帰りがけに下さったわさび漬け。
その隣はりんごの蜂蜜。
ガラス瓶は、左がサングリア、右がビネガー用です。
お酒はあまり飲みませんが可愛い瓶でしたので思わず買ってしまいました。

お風呂

大浴場入口

大浴場入口

お部屋でゆっくり寛いでからお風呂に行きました。
大浴場、寝湯、立ち湯とお風呂のはしごです。(笑)

大浴場

大浴場

さほど広くはありませんが貸し切り状態なのでゆっくり出来ました。
奥が露天風呂です。

寝湯

寝湯

こちらも誰一人いないのでゆっくり堪能。

立ち湯

立ち湯

明神館と言ったら立ち湯で有名です。
お風呂全体が立ち湯かと思いましたが三段階に分かれていて
一番外に近いところが立ち湯になっていました。
深さは約1,2mだそうです。
こちらも誰一人いないので目の前に広がる緑を見ながら至福の時を・・・。

夜食

お夜食

お部屋に戻りましたらお夜食が・・・。
夕食をたくさんいただいたのに完食してしまいました。
あとが恐ろしい。(-.-;)

夕食

お品書き

レストラン一番乗り。
どのお席が良いか選べるのでコーナーの緑が綺麗に見えるところにしました。

夕食1

最初にお料理を運んで来て下さったのはハワイから来た男性。
少しびっくりしました。

夕食2

夕食3

夕食4

夕食5

ブルーベリー酒がお勧めとのことでいただきました。
度数も強くありませんでしたが長時間暑いところを運転してきたのでほろ酔いに・・・。

デザート

中央のテーブルでシェフが頃合いを見てデザートを作ってくれました。
シェフとも話が弾みました。

サーブして下さる皆様がとても感じが良くお料理も一段と美味しく感じられ大満足の夕食でした。

館内散歩

レストラン

館内をいろいろ見て回りました。

レストラン

どこのテーブルが良いか下見を兼ねてまずは誰もいないレストランへ。

レストラン内部

左からレストラン入口、オープンキッチン、白樺のランプシェード

ライブラリー

ライブラリー

旅のガイドブックや絵本がありました。

談話室

談話室

横の螺旋階段を上るとテラスに出られます。
お食事のあとお酒がいただけます。

調度品

調度品

4階建ての建物のそこここに生け花や趣のある調度品が飾られていました。

扉温泉 明神館

扉温泉 明神館

明神館 玄関

この夏はどこにも行く予定がなかったのですが
思い立って長年、放置したままの安曇野の土地を見がてら
出かけることにしました。

いつも行く安曇野だけでは物足りないので
まずは扉温泉「明神館」に。

松本ICを降り市街地を抜け山道を登り到着。
初めての場所なので遠く感じられました。

ロビー

玄関前は駐車スペースがないので車を預け中へ。
スタッフの皆様の丁寧なお出迎えでまずはロビーへ。

ロビー

明神館1

女将自らお茶の接待をしていただき しばしおしゃべりに花が咲きました。

部屋

お部屋

チェックインはお部屋でゆっくりと済ませます。
ここでもスタッフとおしゃべり(笑)

明神館2

角部屋で広いテラスに出てもお隣の気配すらありません。
聞こえるのは木々の揺れる音と鳥のさえずりだけ。

室内

マントルピースの上にはルレ・エ・シャトー(Relais & Châteaux)に
加盟(2008年)している明神館が掲載されている分厚い本がありました。

ルレ・エ・シャトー(Relais & Châteaux)とは
厳格な審査をクリアしたホテル・レストランだけが加盟を認められパリに本部があります。
世界60カ国以上、約530のホテル・レストランが加盟。
2008年に5つの“C”をクリアした本物を提供する日本の旅館として加盟されたそうです。

このロゴには見覚えがあります。
以前、カナダのレストランにもこのロゴがありました。
お食事が楽しみです。

Pagination

Utility

プロフィール

みやび

Author:みやび
旅が大好きで好奇心旺盛です。
旅に出かけるとさまざまな感動に出会えます。
今まで行った旅の思い出を綴ってみようと思いこの ブログをはじめました。

カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カウンター

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。