台北市内3

雙連朝市

雙連朝市(シュアンリェンザオスー)

1組は帰国されたので今日から私たちだけで回ります。
台北でも少なくなった朝市をぶらぶら。

霞海城隍廟

霞海城隍廟(シアハイチョンホアンミャオ)

恋愛の神様である「月下老人」が祀られていて、恋愛成就にご利益があることで有名。
ガイドの話では海外からのお客さんで一番多いのは、日本人だそうです。

迪化街

迪化街(てきかがい)

ここは乾物、漢方薬、布地の問屋街で、古くは淡水河の運河を中心に栄えたところ。
ぶらぶら歩いているとあっ!と言う声で呼び止められました。
なんとギリシャで御一緒した男性で6年ぶりの再会です。
ギリシャではこの男性に助けられました。
と言うのはバスの中で発作を起こした運転手を助け、バスを止めて下さったのです。
なんという偶然でしょう。
驚きました。(●Д●)

行天宮

行天宮

三国志で有名な「関羽」が奉られている「行天宮」
商売の神をまつる伝統的な廟です。
ここでは環境保護のためお線香は禁止されています。

魯肉飯

魯肉飯2

丸林

昼食は魯肉飯(るーろーはん)で有名なお店です。
魯肉飯は台湾を代表する屋台料理で豚ひき肉を醤油で長時間煮込み、
それをご飯にかけて食べるという極めてシンプルなお料理です。
「自助餐」という台湾式ビュッフェで4種類お料理を選び
スープと魯肉飯がつきます。
活気のあるお店でした。

鶯歌

鶯歌

昼食を済ませ台湾最大の陶器の街、鶯歌へ。
両側に陶器のお店がずらりと並んだ鶯歌老街を散策。

三峡

三峡

昔から商業の街として栄えきた三峡。
赤レンガの街並みが素敵な三峡老街を散策。
ここの名物という「クロワッサン(金牛角)」のお店が
あちこちにあり食べたかったのですが昼食後すぐなのでパス。

祖師廟

祖師廟2

祖師廟3

清水厳祖師廟

「東方芸術の殿堂」と呼ばれるこの廟は再建の1947年から現在まで
未だ建設途中だそうです。。
17世紀、大陸からの移民によって創建されましたが1833年、大地震で損壊。
1899年、日本統治に反対した地元民衆との戦いの際、
日本軍の焦土作戦によって焼き払われました。
そのため1947年から現在まで修復兼再建作業が続いています。
日本式のおみくじとは違い「陰、陽」が出ないと引けませんが1回で成功。
それも大吉でしたので大切に持ち帰りました。(*^-^*)

青葉新楽園

華山1914創意文化園区

日本統治時代に酒工場として栄えた場所が2009年、
レストラン・ライブハウス、アートやイベントの会場としてオープン。
その中の青葉新楽園で夕食をいただきました。

青葉新楽園2

青葉新楽園3

青葉新楽園

台湾料理の老舗「青葉新楽園」ブッフェスタイルのレストランです。
バラエティに富んだお料理、デザート、飲み物がいっぱいでしたが
最終日、食べ疲れであまり食べられませんでした。

帰国日は近くのレストランに行く予定でしたが食べられそうもないので
ホテルでゆっくり時を過ごし空港へ。
台湾はフライト時間も短いですし、食事も美味しかったので大満足の旅でした。
また行こうと思っています。
スポンサーサイト



Pagination

Utility

プロフィール

みやび

Author:みやび
旅が大好きで好奇心旺盛です。
旅に出かけるとさまざまな感動に出会えます。
今まで行った旅の思い出を綴ってみようと思いこの ブログをはじめました。

カレンダー

11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

最新トラックバック