スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴイルヘルムスヘーエの水の芸術(Wilhelmshohe)

ヴイルヘルムスヘーエ

小高い丘にあるヴイルヘルムスヘーエ公園。
裏側を通って水の芸術を鑑賞します。

ヴイルヘルムスヘーエ1

世界遺産に登録されている総面積約240ha、9,2mのヘラクレス像の
足下から流れ出る滝はカスカーデンという階段を伝え落ち、
公園を巡りヴイルヘルムスヘーエ城を背景に約50mの高さの噴水になる
華麗な水の芸術です。
週に2回決まった時間に開催されています。

ヴイルヘルムスヘーエ2

両側を流れ落ちる水を見ながら下ります。

ヴイルヘルムスヘーエ3

一番下まで来ました。
水が綺麗でないのと修復のクレーンに興をそがれましたが
貯めた水を流して滝や噴水にするので致し方ないと・・・。

ヴイルヘルムスヘーエ4

ヴイルヘルムスヘーエ5

かなりの迫力です。

ヴイルヘルムスヘーエ6

ヴイルヘルムスヘーエ7

この落差もすごいです。

ヴイルヘルムスヘーエ8

大噴水

かなり日差しがきつく噴水が上がるまでじっと我慢の子でした。

レーヴェンブルク城

レーヴェンブルク城(Scholss Lowenburg)

見学の途中に見えるお城でスコットランドの城をモデルにしたと言われています。
1793~98年の建築でわざと一部を廃墟のようにしてロマンティックな
雰囲気を醸し出しています。

ヴイルヘルムスヘーエ城

ヴイルヘルムスヘーエ城(Scholss Wilhelmshohe)

18世紀後半にヴイルヘルム1世が建てたお城でここが水の芸術の最終地点。
見学を終えて約2時間30分、今日の宿泊地ハノーバーに向かいます。

スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://miyabiirodori.blog.fc2.com/tb.php/261-02045eb8

Comment

パンジー

ほっほ~、凄いですね、やはり規模が違う❢
確かにクレーン車は目障りですね(笑)
ヨーロッパの街は、どこでもいつでも修復中。
ドイツならきちんと計画的に事が運びそうですけどね。
続きも、好奇心一杯で拝見させて頂きますね。
  • URL
  • 2015/07/02 22:47
  • Edit

うつきよう

 わあ! すごい!
 迫力ありますねえ!
 画面の中から風が吹いてきそうです。
 クレーン車、同感です。
 なんだか大がかりな工事のようですね。
 たくさんの方が見学されていて、人気の場所なのがわかります。
 赤いヘリコプターが気になって。
 遊覧でもできるのかしら?
 
 
  • URL
  • 2015/07/02 23:34

パンジー様

あぁ~、このクレーンがなければもっと良かったのにと
正直思いました。・・・。
残念です。

ドイツ人は日本人とよく似ていると言われますが
お食事のサーブその他愛想もこそもありません。
海外に行くと日本の良いところを再認識することばかりです。
  • URL
  • 2015/07/03 11:16

うつきよう様

いつ終わるか聞き漏らしましたが日本のように
期日は守らないような気がします。

遊覧飛行で上空から見られるのかとガイドに聞きましたら
なんと!救急ヘリコプターでした。
空から見られるの?と期待したのですが・・・。
  • URL
  • 2015/07/03 11:17

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

みやび

Author:みやび
旅が大好きで好奇心旺盛です。
旅に出かけるとさまざまな感動に出会えます。
今まで行った旅の思い出を綴ってみようと思いこの ブログをはじめました。

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

カウンター

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。