スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カフェ・アインシュタイン シュタムハウス(Café Einstein Stammhaus)

カフェ アインシュタイン

希望者には添乗員が蚤の市の案内をするそうなのですがパス。
夕食を取るため、カフェ・アインシュタインへ。
ウィーンのカフェハウス文化を継承したクラシックなスタイルのカフェ。

カフェ アインシュタイン2

入口

有名な女優「ヘンニ・ポルテン」が最後に住んだ家。

カフェ アインシュタイン3

つまづきの石(Stolpersteine)

ケルン在住のアーティスト、デムニッヒが、ナチス政権下で
虐殺された人達の名前、生年月日、命日、そして死亡した場所を、
一つ一つ10センチ四方の真鍮プレートに刻印してコンクリートの土台に固定し、
その人がかつて住んでいた住居の前の舗道に埋めるという
「つまずきの石」が入口にありました。

カフェ アインシュタイン4

店内

入るとすぐ店員に案内され窓際の席に案内されました。

カフェ アインシュタイン5

ヴィーナー・シュニッツェル( Wiener Schnitzel )

ウィーン風カツレツでハーフをオーダー。
薄くて香ばしく焼き上げてあり、また付け合わせのキュウリの味の良いこと。
サーブしてくれる店員さんも親切でした。

カフェ アインシュタイン6

アインシュペナー(Einspänner)

コーヒーにほぼ同量の生クリームが載っていて、
カップではなくグラスで出てきます。

アプフェル・シュトゥルーデル(Apfelstrudel )

ツアーの食事でもいただきましたがこちらの方が数段上の味。
バニラソースも程よい甘さで美味しかったです。

カフェ アインシュタイン7

可愛い車

大満足で店外へ。
目の前にお店の車があり、可愛いのでパチリ!
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://miyabiirodori.blog.fc2.com/tb.php/275-53cb66ec

Comment

うつきよう

 ツェツィリエンホーフ宮殿、美しい建物ですね。
 ここでポツダム会談が行われたと思うと、
 複雑な思いがします。

 ドイツにも、消えない戦争の記憶が残っているのですね。

 お料理も質実剛健のドイツらしい雰囲気ですが、
 どれもおいしそうです。
 アインシュペナー、上の生クリームをいただいてからでないと
 コーヒーにたどり着けない?
 味わってみたいです。
 
 
  • URL
  • 2015/07/16 00:29

うつきよう様

美しい建物と戦争、あまりにもそぐわない感じで
うつきよう様と同様、複雑な思いでした。

生クリームは甘みがほんの少しあるだけ!
とんがっている?ところをいただいてからかき混ぜました。
程よい苦みのコーヒーとアプフェル・シュトゥルーデルが
良く合っていて本当に美味しかったです(*^o^*)
  • URL
  • 2015/07/16 11:24

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

みやび

Author:みやび
旅が大好きで好奇心旺盛です。
旅に出かけるとさまざまな感動に出会えます。
今まで行った旅の思い出を綴ってみようと思いこの ブログをはじめました。

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

カウンター

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。