栗林公園&銭形砂絵

栗林公園

梅雨の季節で雨に降られる覚悟で香川・徳島に行って来ました。
最初に向かったのは「特別名勝 栗林公園」です。
栗林公園の面積は、背景となっている紫雲山を含め東京ドーム16個分。
約75ヘクタールで、文化財に指定された庭園の中では日本一の大きさです。
池の周りを散策できるように造られた大名庭園は、園内を回りながら
様々な景色を楽しむのが最大の魅力。

栗林公園1

南湖周遊和船に乗り回遊式大名庭園を巡る約30分の船遊びを体験。
鞠月亭で抹茶をいただき、しばし休憩。

銭形砂絵

銭形砂絵(琴弾公園内)

銭形砂絵を見るため高松西ICから高松自動車道へ入り
さぬき豊中ICで降り約40分で琴弾公園に到着。
有明浜の砂に描かれた「寛永通宝」は東西122m、南北90m、周囲345m。
巨大な砂絵は寛永10年(1633)藩主、生駒高俊公を歓迎するために
一夜にして作られたと言われていて、この銭形を見たものは健康で長生きができ
お金に不自由しないと伝えられています。

かんぽの宿 観音寺

かんぽの宿 観音寺1

かんぽの宿 観音寺

小高い丘に立ち瀬戸内海が望めるこちらに宿泊。
かんぽの宿ですが広くて綺麗な宿でゆっくり疲れがとれました。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://miyabiirodori.blog.fc2.com/tb.php/388-ced67644

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

みやび

Author:みやび
旅が大好きで好奇心旺盛です。
旅に出かけるとさまざまな感動に出会えます。
今まで行った旅の思い出を綴ってみようと思いこの ブログをはじめました。

カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カウンター

最新トラックバック